「柔道整復師」の活躍の場は年々広がっています。
一昔前の「柔道整復師」は、国家資格を取得した段階では「接骨院」や「医療機関の整形外科」に勤める方がほとんどだったようです。

「接骨院」や「整形外科」で働き、経験を積み独立開業を目指していくのが、一般的な流れでした。しかし、現在は「柔道整復師」の働き方が大きく変化していき、「接骨院」「整形外科」の他にも「介護保険関連施設」や「スポーツ・健康関連施設」などでも、「柔道整復師」の活躍の場が広がっています。

ではなぜ、「柔道整復師」に活躍の場が広がってきたのか。それは、現在の日本における高齢社会が大きく影響しています。
「柔道整復師」は、「介護保険関連施設」で、高齢者の身体機能訓練を行うことができるのです。高齢になってくると、今まで通常に動かすことができた部位に何らかのトラブルが起こってしまいがちです。そういった状況を防ぐ「介護予防」にも「柔道整復師」の存在がますます高まっていくことが予想されます。

「柔道整復師」として働くには、前提として国家資格が必要です。そのためには柔道整復師の養成カリキュラムを設置している専門学校や大学に進学し、国家試験に合格する必要があります。
しかし、国家資格を取得しても、自動的に就職先が決まることはないので、就職活動を行なう必要があります。

柔道整復師の募集は、一般的な就職活動や求人サイト、求人誌でも見つけられますが、専門学校や大学に向けて、医療機関などから求人情報が届くケースも多くなっています。専門学校に届く求人はより確実性があるでしょう。専門学校としても学生の就職サポートには力を入れており、就職希望条件に合わせて、進路面談や就職指導を行っていきます。余談ですが、柔道整復師の就職試験は一般の就職試験とほとんど同じような内容で、学科試験が必要なところもあれば、「面接のみ」のところもあります。

「柔道整復師」の特徴として、健康で体力さえあれば、年齢関係なく働ける仕事です。少数ではありますが、40代や50代、さらには60代以上で初めて国家資格を取得する方もいます。
今までの社会人経験を大きな強みとして活動されている方もいらっしゃるようです。

人材募集も年齢に制限なく行われ、若手からベテランまで、さまざまなキャリアを持った方が活躍しています。なお、「柔道整復師」は年間を通して募集が行われています。雇用形態としても
アルバイトや契約社員として働く方もおり、もちろん正社員としての募集もあります。
自身の希望する将来像と目の前の待遇面を照らし合わせながら、柔道整復師として独立を目指し、様々な環境で経験を積んでいる方も少なくありません。

今後もますます活躍の場が広がっていく「柔道整復師」の存在。
あなたがもし、柔道整復師の資格を持たれているならば、即戦力として活躍できるのではないでしょうか。