「柔道整復師」は、業務の中で体質的な問題や心の問題など、さまざまな症状を抱える患者さんと接します。柔道整復師は、医師ではありませんので投薬や手術といった外科的な治療を行うことはできません。患者様の症状を判断する方法は、「問診・視診・触診」といった方法になります。そこで必要なのは、まず、「患者さんとしっかりコミュニケーションを取ること」です。
「いつ、どこで、どのような症状が始まったのか」ということを聞き出し、確認していく必要があるのです。もちろん「医学的な知識」は医療の仕事に携わる上で必要不可欠です。

そのため、「柔道整復師」は患者様と真剣に向き合い、相手を観察する力が必要となります。
そこから患者様の症状を導き出していくためにも、医学的な知識が必要となりますので、医療に関する知識は絶えず学んで行くことが必要です。もちろん患者様ひとりひとりに訴える症状が異なりますので、臨機応変な対応も求められる場合が多いにあります。

しかし、いくら豊富な医療知識があったとしても患者さんと良好なコミュニケーションがとれないようでは、適切な施術を行っていくことはできません。やはり根本は、患者様とのコミュニケーションが必要であることを意識しておかねばなりません。

患者様への思いやりの気持ちが、施術にも現れてきます。
柔道整復師は、患者様の気持ちに寄り添える存在として「一対一」で患者さんと向き合っていく必要があるのではないでしょうか。そういった仕事だからこそ、他人に対する思いやりを持ち、優しく接するという姿勢がとても大切になってきます。技術をもって身体の症状を改善して行くのはもちろん大切なことですが、下向きな患者様の心に、やる気や元気を与えてあげることも、「柔道整復師」の大きな醍醐味だといえるのではないでしょうか。

実際に柔道整復師が勤務する「整骨院」や「医療機関」には、大勢の患者様が来院され、業務も多忙を極めることが多いです。実際に、一人の患者様と接する時間はわずかになることも多いでしょう。そういった多忙な中でも気を抜かず、限られた時間の中で、患者様の気持ちを汲み取る、施術に対して全力を尽くしていくことが重要です。高齢な患者様の中には、柔道整復師との関わりや、日常のちょっとした会話を生きがいにしている人がいることも事実です。

柔道整復師として「患者様を喜ばせたい」「患者様の悩みや苦しみに寄り添いたい」という気持ちを大切にしながら、悩みを聞き出す中で、ふさわしい施術を試行錯誤していく。誠実に対応していく行動のひとつひとつが、患者様から信頼される「柔道整復師」への成長に繋がっていけるのではないでしょうか。