「鍼灸師」は、「柔道整復師」と同じく患者様の存在が無ければ成り立たない仕事です。
もちろん資格を有しているだけでは、仕事には何ら繋がって行きません。
専門学校で学習していくことは、「鍼灸師」として社会で活動していくこと、仕事に取り組んでいくことの「基礎」を学んでいく場所です。もちろん専門学校を卒業したとしても、一生安泰の「鍼灸師」として活動していけることは約束されていません。

社会に出てから、業務に励む中で、さまざまな患者様と全力で向き合っていくことが重要です。「鍼灸師」として、患者様が抱える症状を改善するために全力を尽くすことで、自分も大きく成長し、患者様から信頼を構築していくことができます。「鍼灸師」が最も大切にしていくべきことは患者様との「信頼」ではないでしょうか。

医療機関で診察前に行なう「問診」では、患者様のプライベートなことまで聞いていく必要があります。また治療を実施する際に、患者様の身体に直接触れる必要がありますので、「鍼灸師」と患者様との信頼感がより重要になってくるでしょう。

現場では、多忙な仕事に対応していかねばなりません。意識していくのは難しいかもしれませんが、「患者さん第一」とする意識が「鍼灸師」にとっても大切な姿勢ではないでしょうか。

患者様に安心してもらうためには、治療を進めていくだけでなく、患者様へ症状や治療内容を適切に伝えていくことも大切なことです。相手の立場になりながら、丁寧にコミュニケーションを取って行くことで、患者様に安心して頂けます。
施術に訪れる患者様は、身体のどこかに不安や悩みごとを抱えており、それらを鍼灸によって解決していくのが「鍼灸師」の役割です。
自身の技術の向上が、患者様の悩みの解決へ繋がっていくのは「鍼灸師」としての大きなやりがいでしょう。

そういった「鍼灸」の技術力の向上はもちろん大切ですが、それ以上に患者様から絶対の安心感と信頼感を持ってもらうことが、「鍼灸師」のプロフェッショナルとして大切なことではないでしょうか。この考え方は様々な仕事に共通するかと思います。

「鍼灸師」として活動しながら、東洋医学の知識を研究し、西洋医学との知識や技術をコラボレーションすることで、より様々な悩みを持つ患者さんへの治療を目指している方も多く存在しています。

「鍼灸師」として技術や知識をもっと深めていきたいという探究心や、仕事に対して情熱を持てる人、また患者様への想いを大切に持ち続けていける人であれば、「鍼灸師」として人としてもレベルアップでき、活躍の幅を広げていけることでしょう。現在、活躍し続けている多くの「鍼灸師」の方も、こういった使命感を持っている方が多いのではないでしょうか。