「柔道整復師」は、国家資格を取得してからが勝負になります。
社会に進出し、現場で働く中で、さまざまな症状を持たれている患者様と接することになります。決して一筋縄ではいかないような症状を目にすることも多いでしょう。そういった日々の経験を積んでいくことで、専門学校で学んだ知識や技術を発揮していくことができるでしょう。

ここで、スキルアップについて考察して行きましょう。
「柔道整復師」がスキルアップしていくためには、さまざまな方法があります。
例えば、外部で開催される研修会に参加することで、「柔道整復師」同士の繋がりを深めていくこともできるでしょう。勤めている職場でも定期的に勉強会が実施されることもあります。
そういった機会を上手く利用し、上昇志向を高めながら努力を続けていくことがスキルアップに繋がります。

またその他のスキルアップとしては、すでに「柔道整復師」として活躍されている中で、他の国家資格取得を目指す方も多くいます。最近では、柔道整復師に加えて「鍼灸師」のダブルライセンス取得を考える人が増えているようです。ダブルライセンスは、独立開業する際にも有利に働き、独自のサービスを提供していくことができるでしょう。

ここで、ちょっとした豆知識になりますが、「柔道整復師」と「鍼灸師」の二つの資格試験に必要な「解剖学」や「生理学」は、柔道整復師のほうが難易度が高いといわれています。そのため、先に柔道整復師の国家資格取得を目指してから「鍼灸師」を目指すパターンが多いようです。
迷われている方は、まず「柔道整復師」の資格取得にチャレンジする事がおすすめかもしれませんね。

骨折や脱臼、打撲などの症状を改善していく「柔道整復師」に対し、「鍼灸師」は「はり」や「お灸」を実施し、患者様の痛みを和らげ、体調不良を改善に導いていきます。
両者とも「手技」による施術を行うことが特徴ですが、いずれも国家資格となるため独占技術になる領域になっています。

「柔道整復師」「鍼灸師」の両方の資格を取得すれば、活躍の範囲はより広がっていきます。
他の資格である「マッサージ・あん摩師」などの資格も合わせて取得して行くことで、「柔道整復師」「鍼灸師」の領域にプラスして、より多様なアプローチができるようになっていきます。
様々な問題を抱えられている患者様のニーズにも応えていけるようになるでしょう。

もちろん、ダブルライセンスが必ずしも必要というわけではありませんが、独立開業を目指して行く中で、自らのやりたい仕事やキャリアアップを見据えて、スキルを磨いてくことは重要です。
一つの道を極めていくことが、他の道にも通じることになるので、自身の将来の目標を掲げながら、目の前の患者様に誠実に対応し、信頼を勝ち取って行く中で、自分にしか対応できない施術や大きな強みとなっていくことは間違いありません。